えたい埴にありがとう

 ̄ その侘ない鼻に便られて きっと突はいてゆくんだ みんなにこの隔ちをえよう ずっと突ら匯偖だから 湖仍の冱匐をただ匯つだけ そっと俟に淫んでゆくんだ どんな右墳も書匐わない 市きに ありがとう おわ

匐うこと みんなに埴は縮えてくれた 竃のベルが貯り兵め 仝がんばれ々の蕗がホムに譴い ドアの鬚海 返を尅る埴の冲 の鬚海Δ悗範えてゆく ありがとうを 埴へ いまえたいけど いつか氏う晩まで

埴が丶ってくれたからこぼれる晩も減けそうな晩もきっとり埆えてゆくよいつまでも 梨れないよ梁かい埴の梁もりを氏いたい扮は偲しい扮は腎を需貧げるからずっと需便っていてね埴にありがとう

いつの晩か また穴えるから 丶って サヨナラ℃ありがとう腓洩(こんいろ)の稼腎(そら) 佛が送れた ピカピカに高ってえた 握に潦られ 突らは僥んだ だから晩?は市く埴の丶冲のよう楳

〆さくら さくら 氏いたいよ  いやだ 埴に書すぐ氏いたいよ〇咤雑咤雑觴低嶬攵溶誨需低 sakura sakura aitaiyo iyada kimi ni ima sugu aitaiyo ありがとう  ずっと寄挫き  暴は佛 あなたを需便りける

ひとつしかないこの俟が採業もばらばらに護れて峪嬬壓涙方肝伉哩違議逗しい嶄で書を伏きている祐逗嶄写偬念佩書を伏きている適薦議試壓輝和ありがとう 噴励のあなたにえたい並があるのです彰尼 噴蛍湖仍 厘嗤乂三勣

その余嶄で痴ってしまう ような晩が栖ても 尅り卦ればそこに埴がいて 丶っていられるがしたよ 伏凋 その余嶄で竃穴えたこと さよならをしたこと 丶った晩も彬つけ栽った 晩?もえたい埴にありがとう え

かけがえのない溺だとがついた 留りも痴いも 用ぎ普てて埴を膿く宇きしめたなら この隔ちえきれやしない 畠て竃し勝くしても 麿には冱匐需つからない 埴にありがとう Thank you my girl☆ 凌めより單しく

犢慘諜

埴にありがとう(牽表非處蟹梧爆)
ありがとうを埴へ
埴にありがとう(鍋握伏處蟹梧爆)
サヨナラ℃ありがとう
咤雑咤雑,觴低
返崕~尼噴励の埴へ~
埃崩(Bonus track)
Thank you my girl(晩丞ゞ具溺〃麼籾爆)
dzrs.net
jinxiaoque.net
acpcw.com
wkbx.net
wwfl.net
窮辻井